Ultima Online TRPG

 こんにちは。1年ほど前からUOの世界観をベースにUO内で出来るオリジナルTRPGを作れないかなと思いながら、作成しています。過去には似たようなオリジナルTRPGを作成していた方もいたようですが、UO内で行うという形は、4年ほど前に復帰した私が知る限りは元飛鳥ベスパー首長OUTさんの『Cthulhu in Britannia』かなと思います。

 私自身はそんなにTRPGの造詣や経験が深いわけではないので、オリジナルに作成するというのは客観的に見て無謀のような気はしましたが、「ダイスロールという不確定さ」「ロールプレイ」「物語」という要素が大好きなので、しばらくは淡々と続けようかと思っています。

 卓上のみでのスタイル、スゴロクのような形、ターン制、ハウスカスタマイズを使用した探索スタイルなど数人のプレイヤーたちにもテストプレイヤーとして時間を頂き、これまで試していますが時間的なバランス、戦闘のバランス、値段設定のバランス、成長の有無、一見でも参加可能などのハードルが中々乗り越えられている気がしません。ただ形が落ち着けば、「脱出ゲーム」などのように定期的に形を変えながら参加しやすいイベントになったり、「冒険や物語を楽しむ」といった遊びも出来るんじゃないかな~と愚案しています。

 このUltima Online TRPGのコンセプトとしては「クトゥルフ神話」などのホラー系(内容としてはUOの世界観に即した上で)、「ソードワールド」「アリアンロッド」「D&D」などのファンタジー系の両方を経験出来るようなものです。また一見でも参加しやすく、かつ愛着の湧くオリジナルキャラクターの作成を可能にすること。ただし成長性はわずかに攻略が有利になる程度で、あまり差がつきづらいようなものになるため壮大な英雄譚のような物語は難しいだろうと想定しています。
 
 所要時間は目標としては1時間~2時間。プレイヤー数は1~3人/回。ソロでも出来るようなスタイルにしたいとは考えています。

 システム的には大きく「探索」と「戦闘」に分かれます。ダイスロールはシンプルにUO内にあるサイコロ(2d6=6面ダイスを二つ)のみを使用して行えるようにしています。

 キャラクタークリエイトはUOのシステムと同様のスキルやステータスを用いて、それらの技能があるほど、何らかの行為をした時の判定が有効に働くようにしています。それらの行為判定はキャラクターのステータスや技能、そして不確定のダイスロールにより判定されていきます。


GM「そこには若い女性が倒れており、近くには幽霊が佇んでいるようです。
どうしますか?」
PL「会話を試みます。」
GM「それでは霊話判定を行いましょう。Spirit Speakのスキル値が3であなたのINTが3のため、基本値は6となります。ダイスとの合計値が11以上で成功となります」

ダイスロール 6

GM「合計は12ですね。成功です。霊との会話を始めます」

 以下は現在、作成しているTRPG関連のページです。興味がある方はまたお読みください。

Ultima Online TRPG
 1. 序文
 6. スキル

TRPG Studio3


スポンサーサイト



0 Comments