『#Role Playing Guildとか作ってみた訳』

『#Role Playing Guildとか作ってみた訳』


何となくロールプレイの話の方の記事はカチコチに固すぎるんで、こっちのカテゴリー(#RPG雑記)ではギルドに関連した内容をもっと気楽な感じで適当に書いてやろうと思います。こんにちは。#RPGGMです。

 

思い返せば結構昔、学生時代にUOにのめり込んでいた私が受験戦争の波に襲われPCを没収され強制終了したのも今は懐かしい話です。

 

DiabloからPCゲームにはまり、初めてUOの世界に入った時は超刺激的でした。とりあえず街道を歩けばいきなり殺されるわ、置いてある箱を開ければ爆発するわ、銀行前にいてたら気づいたらルーンが盗まれてるわと、ただの世紀末な世界だったわけですが、当時はまだオンラインでそれぞれのキャラが誰かを動かしているっていうだけでアンビリーバボーでした。

ちなみに私が最初に話しかけた言葉は

 

「この動物の皮って何に使うんですか?」だった。とりあえずハサミで切れよな、重いんだから。

 

ドッキドキしながら話しかけたのが記憶に鮮明に残っている。ちなみに場所はブリティンの肉屋の前だったことまで覚えている。

思い出記憶って凄い。

 

まぁ、あんまり過去の話をしてもただの『懐古厨』扱いになるっていう話なのでこのぐらいで。

 

で、結局色々MMOをしながら2年前にUOを久しぶりにインストールして、ログインしてみたら、これがまた結構面白かった。というか年を取ってきたせいで新しいゲームの操作を覚えるのが面倒になってしまってるだけな気もしたが、そこはUO世代では言ってはいけないところな気がしないでもないから黙っておこう。言ったけど。

 

私は『魔法剣士』という職業が昔から好きなので、再開した後も、そんな構成でウロウロしてたわけだが時代の流れは恐ろしい。

 

かつては黒デーモンなんていうのは物陰に隠れてEVぶつけたれ!みたいな倒し方ぐらいしかなかったイメージなのに、戦士ががっぷり四つで組み合ってるじゃないか。え?マジでやってんの?みたいな感じだった。


かつては触れ合っただけでハートが撃ち抜かれたのかってぐらいあっさり死んでたのに。

出会い頭につまづいて転んで頭を打ったのかなってぐらいあっさり死んでたのに。

ラグとかあった日には俺、タイムリープしてね?ってぐらいあっさり死んでたのに。


ここまで戦士が強くなったのかーと思ってたが、何となく違和感はあるなぁという感じでもあった。というのもたぶん『張り付いてダメージいっぱい与えていっぱい回復する』みたいなのが微妙だなぁと思った気がする。他のMMOで言うとタンクとアタッカーが一体になったような感じでしょーか。

そりゃまぁ、ソロでも戦えるんだろうけどPTプレイの意味合いが…うーん…みたいな感じにはなった。

 

当時知り合った人には『白豚はいた方がいいよー』みたいなことは言われたし、まぁ、確かにそんな気はする。稼ぎやすいし。

 

普通のプレイならその方が当たり前な気もするんだが問題は私にそれほど物欲がないことだと思う。要らないアイテムはバンバン、ゴミ箱に捨てているタイプだし、稼いでも結局そのお金を装備に使って、それで稼いで…っていう繰り返しの先を考えると…

 

『微妙っ!!』ってなるわけです。

 

ふつうのゲームなら『ゴール』という名の終わりがあるわけですからそれでいいんですがMMOだと『ゴール』がないんで間の『経過』、それを楽しみたい。今、プレイしていること自体を楽しみたいっていうのがあった。

 

もちろん私でも「カメオきたぁぁぁぁ!!」とか一UO人生に一度ぐらい叫びたいわけですが、それはどっちかっていうとレアなもんが出た!っていう楽しさが欲しくてカメオを使って何かしたいことは今のところほぼ無いわけです。クレーンゲームで頑張って取ったプライズが次の日にはゴミのような気分になるようなやつです。


この辺は強くなるのに達成感があるかどうかとかもあると思うし、コレクター要素が好きな人もいるし、結局人には寄るんだろうとは思う。

 

ともあれしばらく、ダラダラとプレイしていた訳だが、ふとロールプレイが久しぶりにしたくなった。あとロールプレイしながら遊ぶならガチ勢でもないし色々な構成のキャラが作れて楽しいんでは?と思った。

 

そういう思いから当時一緒に遊んでいたプレイヤーと相談して#Role Playing Guildを作ることになった。

 

目標は『ロールプレイを楽しむ』


これを主軸にまずはギルドに必要なことを考えていくことにした。

スポンサーサイト



0 Comments