『ロールプレイの面白さ』

*こちらのカテゴリーでは私の個人的な経験・知識によるロールプレイへの思いや考えを書いていこうかと思います。記載の仕方が押し付けのように感じるかもしれませんが、あくまで一つの意見として軽い気持ちでお受け取り頂ければ幸いです。

 

『ロールプレイの面白さ』

 

ロールプレイにどんな楽しさを持ってくるかはロールプレイヤーの中でも違いがあると思う。それらの個々の楽しさの中には当然私が実感していない楽しさもあるのであくまで私が楽しんでいる面白さが伝わればと思う。

 

元々、私はゲームや漫画のキャラクターの設定などを読むのが好きなタイプで、そういう設定を作るのも好きだったりする。どちらかというとテンプレ的なキャラクターを作るのが好きなのだが自分で作ったキャラクターには愛着が沸く。

 

MMOの世界でそのキャラクターが生活しているのをイメージしながら、動かしているとソロでもロールプレイのような遊び方は出来る。

 

ただ、私はソロでのロールプレイはあまり楽しめないタイプだと思う。

その作ったキャラクターが、他の誰かのキャラクターと絡むことが楽しい。

 

色々なキャラクターと話すことで、そこには当然会話が生まれる。その会話の受け答えを考えていく中で、キャラクターがより固まっていき、自分が最初に創造したよりもキャラクターが完成していく気がする。

 

徐々にその会話が楽しくなってくると画面の向こう側にいるプレイヤーと話しているのではなく、ゲーム画面内にいるキャラクター同士が話しているように思えてくる。そうなると演劇や映画を見ているようで楽しくなってくる。一緒に狩りに行ったりするのもキャラクター同士が冒険をしているように感じてさらに楽しくなってくる。

 

 

初めてロールプレイをするときにはやはり気恥ずかしさというのはどうしてもあるとは思っている。キャラクターを演じて会話をするというのは「浮いたらどうしよう…」「引かれていたら嫌だなぁ…」という気持ちが私はあったし、今でこそ対応に慣れてはきているがリアルな会話やメタな会話が出たら現実に引き戻されるように冷めてしまいそうになる。

 

だけど興味があれば一度試してみてもいいとは思う。

私のように想像した以上にはまることもあるかもしれないから。

 

ロールプレイに関しては、はまる人ははまるし、はまらない人には全くはまらないと思う。

興味を持ってギルドに入ってきた人が10人いたとしたら1人ぐらいがロールプレイを気に入って残ってくれればいいな、という感覚でいてる。

 

キャラクターを演じながら話しても大丈夫。そんな安心感が得られる場所があるとロールプレイの最初は入りやすい気がしている。

 

スポンサーサイト



0 Comments