『ロールプレイキャラクターの設定説明』

『ロールプレイキャラクターの設定説明』

ロールプレイをするとき、自分のキャラクターには様々な背景設定を作ることが多くあります。その背景設定はキャラクターを演じるときの要素にもなりますので詳細に作る人もロールプレイヤーでは多いでしょう。逆に少ない方もいますが、これも別に問題はないと思っています。それこそ記憶喪失という形を演じる方もいたりします。

では、こういったキャラクターの設定をロールプレイするときに積極的に相手に伝えた方が良いか、というと「否」とGMは考えています。

自分の設定を説明して知ってもらいたい、もしくは知らせておくべきだろうという考え方もありますが、あまりに説明をしすぎるのは不自然な会話になりやすいと思います。特に内容が深い設定であったり、トラウマ的なものであったり、人にはあまり言えない職業であったりするときは容易に伝えないようにした方が良い内容になります。

リアルな世界でもバーなどで知り合った瞬間にいきなり自分のこれまでの境遇や秘密のことなどを話し始めるのはあまりないでしょう。知り合っていく中で、徐々にこういった情報は話のネタとして取っておく方が望ましいですし、内容によってはずっと隠しておくことも自然です。

#RPGではキャラクターWikiなどで設定を記載しておくことで、他プレイヤーはその情報を知ることが出来ます。その情報を知りながらキャラクターとしては知らない形で自然な会話を演じていくのは裏の事情を知っているような感じになり、楽しかったりします。

無理なキャラ付けや個性あふれる背景設定などはなくても、リアルと変わらない自然な会話を意識していくことで自然とキャラクターの個性は出来上がっていく気がします。
スポンサーサイト



0 Comments