『ロールプレイキャラクターの外見説明』

『ロールプレイキャラクターの外見説明』

以前にキャラクターの視覚の記事を書いたことがありますが、キャラクターの外見というのはUO内ではすぐには伝わりにくい内容になります。

UOはクォータービュータイプのレトロなゲームです。また洋ゲー特有でペーパードールの顔はいわゆる『濃い』ものになっています。

ただリアルな3Dのゲームと違って、想像力を働かせやすく、色々なキャラクターの姿をイメージすることも出来ます。しかし自分が想像している外見を別のプレイヤーにすぐに伝えるのは難しいものです。イラストなどがすぐに用意できるのならいいですが中々そういうわけにもいきません。

では喋り方から年齢や外見が分かるでしょうか?

これも難しいようには思います。場合によっては『年寄っぽい喋り方をするエルフの少女』や『子供みたいな喋り方をするおじさん』など喋り方だけでは外見が想像できないキャラクターを演じていることもあります。

見た目1

私が個人的によく行うのは上記のように初対面時にエモート発言でキャラクターの外見を説明していることがあります。

外見を伝えるメリットとしては、相手のプレイヤーがロールプレイをしやすくなる点があるかと思っています。少女のような風貌であれば、「ガキが何で酒場に来てんだ?」といったような演技も可能ですし、逆に老人などであれば「爺さん」などといった呼びかけがしやすくなります。

こういう外見を説明するエモート発言は『自分のキャラクターの外見を伝えたい』という点と、『それに準じたロールプレイが相手もしやすくなる』という点から積極的に行っていっても良いものと考えています。





スポンサーサイト



0 Comments