『ロールプレイのこだわり』

*こちらのカテゴリーでは私の個人的な経験・知識によるロールプレイへの思いや考えを書いていこうかと思います。記載の仕方が押し付けのように感じるかもしれませんが、あくまで一つの意見として軽い気持ちでお受け取り頂ければ幸いです。

 

『ロールプレイのこだわり』

 

ロールプレイと一言に言っても、人によってスタイルというかこだわりといったものには個人差が大きい。

 

まず私自身はロールプレイの視点からはプレイの仕方は下記のように分類している。

 


A:キャラクターの設定があり、ゲーム内ではメタな発言やリアルの発言は行わない。

またDiscordなどでもゲーム内の情報は伝えない。

(どこで狩りをしているかなどはゲーム内で確認する必要があり合流に手間が掛かる。)

 

B:キャラクターの設定があり、ゲーム内ではメタな発言やリアルの発言は行わない。

但しDiscordなどでゲーム内の情報は伝える。

(どこで狩りをしているかなどはゲーム外で確認することが出来るため合流は容易。)

 

C:キャラクターの設定があるがゲーム内でメタな発言やリアルの発言は行う。

(口調やUO内での仕事・生き方を意識するのが主体のロールプレイ。)

 

D:キャラクターの設定はなくゲーム内でメタな発言やリアルの発言を行う。

(通常のプレイヤー。)

 


現在、#RPGでは『B』のロールプレイを主体としている。『A』も悪くはないと思うのだが遊べる時間は限られているので、あまり手間が掛かり過ぎないようにその辺りは多少妥協した方が良いと考えている。

 

C』のスタイルは発言の視点を考えると操作しているキャラクターがブリタニア以外の世界も認識していることから『プレイヤー自身』がゲーム内に入り込んでブリタニアを生きているイメージに近いかなと思う。

 

A,B』のスタイルの場合にはゲーム内で操作しているキャラクターはあくまでブリタニアの世界しか認識しておらず、プレイヤーはそのことを意識してキャラクターの発言を考えていく形になる。

 

ただ、「それはメタな発言でしょ?」という定義が個人的には結構難しいと思っている。

 

単語で言うと『白豚』『ネクパラ』などの単語はいかにもプレイヤー目線っぽい言葉になる。

また『土エレ』『屋上』などの言葉はどうだろうか。これらも何となくプレイヤー目線っぽい気がする。

 

しかし実際にはこういった言葉がどの程度ブリタニアで流通しているのかは当然ながら不明なものとなる。もしかしたら『シャドウガード』のことを『屋上』と呼ぶのがブリタニアの市民たちにとっても良く使う略語なのかもしれない。

 

この辺りに関係するのは各プレイヤーの想像力だと思う。

 

「ブリタニアの世界はきっとこういう世界だよね。」というのをどのように想像しているかでズレが出てくる。そのズレを完全に調整するのは中々難しく、こだわりの強さがあればあるほど言い争いの種にもなりえる。

 

その言い争いは『各自の世界観の否定』という形になってしまい、完全な正解がないため解決しづらい。

 

とは言え、完全にフリーにしてしまうと『A』『B』のスタイルと『C』のスタイルの境が無くなってしまうことから最終的にはTRPGであればゲームマスター、ギルドであればギルドマスターなどがどの程度の世界観が許されるか、ある程度の線引きをしていくしかないとは思う。

スポンサーサイト



0 Comments