『ロールプレイを伴ったイベントの規模について』

*こちらのカテゴリーでは私の個人的な経験・知識によるロールプレイへの思いや考えを書いていこうかと思います。記載の仕方が押し付けのように感じるかもしれませんが、あくまで一つの意見として軽い気持ちでお受け取り頂ければ幸いです。


『ロールプレイを伴ったイベントの規模について』


まず最初にギルド#RPGではロールプレイ(RP)に関しては『演じる』要素があるものとして定義している。

 

ロールプレイ(RP)を伴ったイベントはUO内でおそらく多く開催されていると思う。

EMイベント、評議会もロールプレイコンテンツであるし、劇団などもそうだろう。

 

広い意味ではバザーのようなものや各首長の方々が開催しているイベントもロールプレイ要素があるようには思う。

 

ロールプレイを伴ったイベントではその対象をどこまで広げるかによって規模が変わってくる。大きく分けると下のような形だろうか。



 

    サーバー全体に広く告知するような不特定多数のプレイヤーを対象にした大規模なRPイベント


    ギルド内など決まったプレイヤーを対象にした小規模なRPイベント

 


①に関してはEMイベントなどがこちらの部類に入るロールプレイコンテンツかと思う。

この場合の利点としては、何よりも人が多くなり盛り上がる点がある。UOのように過疎が進

んでしまっているMMOでは人を集めるのも簡単ではなく、不特定多数のプレイヤーを集める

とはイベントの盛り上がりとして有効だと思う。


ただ、こちらではどちらかというとRP要素は『物語(演劇)を見せる・見る』ような楽しさ

になりやすいかとは思う。参加しているプレイヤー全てがRPをするわけではなく、仮に一部

のプレイヤーがRPをしていたとしても多数の集団の中に紛れ込んでしまう。

 

②に関しては当ギルド内で行っているプレイヤーイベントなどがこちらの部類に入るロールプ

レイコンテンツかと思う。こちらの場合の利点はギルド内など決まったプレイヤーを対象にす

ることで参加者すべてがRPを行っているという形式をとることが出来ることだと思う。この

形式では開始から最後まで全員がRPを続けており、『キャラクター自身が物語の中に入り込

んだ』ような楽しさを感じることが出来る。この点の楽しさは人数が多く盛り上がるイベント

とはまた違った楽しさがあると個人的には考えている。


但し、人数は少なくなりがちで出来ることに対する制限もある。またどうしても閉鎖的な面も

り、盛り上がりには欠けるところがあったりマンネリ化してしまうリスクもある。


以上のように不特定多数のプレイヤーを対象とするべきか、それとも特定のプレイヤーのみを対象としたイベントをするべきかは別にどちらがより良いというわけではなく、どちらにも違った楽しさがあると考えている。


余談だが私は遊びに関しては「自分が今、やりたいことをやろう」というスタンスでいる。結局は仕事ではないのでクオリティや責任が苦痛にならないように無理のない範囲でやるのが良いと思う。

 

イベントやギルドも本質的には自分がやりたいことをやっていて、「全員を楽しませないと!満足させないと!」という感覚よりは「良かったらどうぞ」ぐらいの感覚ではいる。

 

また仮にイベント参加者が10人いたとして8人が面白くないなぁと思っても2人が楽しんでくれたら、それだけで需要があってよかったと考えるようにしている。何もしなければ楽しんだ人は0人だが、イベントを行った結果、自分を含めて3人が楽しめることが出来たのだ!と考える方が建設的な気がするからだ。

 

もちろんイベント主、GMとしてはその楽しめる人たちを少しずつ増やしていけるように何が良かったのか何が悪かったのかを考察して、徐々にその割合を増やしていくことは大事だと考えている。これは責任感でやっているというよりは「楽しいと感じる人が増えること=自分がやりたいこと」にもなっているのでそれほど苦痛ではない。

 

スポンサーサイト



0 Comments