『みっちり The Third Dawn』

『みっちり The Third Dawn』

『The Third Dawn』にするべきか『Renaissance』のどちらにするべきか…それが問題だ。

まぁ、どっちでもいいんだが…というよりこの依頼自体がどうでもいいんだが。

みっちり17

ある日、いつものように店を訪れた俺はポストの旗が上がっていることに気付いた。
何か嫌な予感がしたんだよな…

みっちり18

Millo…、いや黒ずくめの男から何かが届いてやがる。まさかとは思いたいが…。

みっちり191

またかよっ!! 服が多くてもそんなにタンスいらねぇだろ!

…あっ

みっちり192

あぶねぇ、あぶねぇ。一応名前は消しておいてやらねぇとな。
犯人が誰かばれちまったら可哀そうっちゃー可哀そうだ。

みっちり20

みっちり21

ちなみに小切手が3枚。そう、3Mに更に依頼金が上がっている。
結局、『黒熊亭~読書の秋~』の賞金、全部こいつからの依頼金でまかなえたぜ。

みっちり22

そして今回は準備万端に木材まで渡してきやがった。
問題はどう考えても6万本もいらねーってことだ。
俺にデンを埋め尽くさせるつもりか、あいつ。


みっちり23

しょうがなくジョーダン家装飾の第一人者ハトに教えを乞う俺。
尚、こいつはいつのまにか新しいジョーダンの家の「共有者」になっていた。
愛人だろ、もはや。

みっちり24

ハトのやつにはジョーダンの家にロックダウンすることを勧められたが…
やはり俺の戦場はこっちな気がするからな。また執務室を飾りつけすることにするぜ。

…よく見たら既にクリスマスの飾り付けが消えてるじゃねぇか!!

もはや飾りつけの時期を逸してる気しかしねぇ…
そう思いながら、乗りかかった船だ。俺は作業を始めることにした。






みっちり25

タンス…を作ろうとしたんだが種類が多いな、おい。
どれにすりゃいいんだ?









みっちり26

とりあえず…このでかそうなタンスにしとくか。
チョイスの理由なんざ、すぐにみっちりに出来そうってこと以外ねーだろ。










みっちり27

これ、倒れてきたら死にそうだな。

みっちり28

…つーか作り過ぎたぜ。どうするかな?


みっちり29

捨てるのももったいないんでな。家の前に置いていってやったわけだが、完全に犯罪の匂いしかしなくなってきたぜ。









みっちり30

一つ余った分はこっちに置いとくか。まぁ、多分ジョーダンの野郎はハトを疑うだろうしな。
よし、完成だ! 満足しろよ、黒ずくめの男、ミロン!













みっちり31

当然だが、1時間後にジョーダンの野郎がブリタニアの大地に降り立つ前に消えたんだと思うぜ。
もう見に行く気すらしねぇ俺は酒場で酒を飲んで寝た。
ほんと、この仕事の徒労感がやべぇぜ。
スポンサーサイト



0 Comments