『ギルド内でのプレイヤーイベントの感想と考察⑤』

『ギルド内でのプレイヤーイベントの感想と考察⑤』


*当ギルドでは各プレイヤーによるイベントの立案、実行を推奨していることは以前に別の記事で記載しました。こちらではこれまで行ったイベントを振り返って感想と考察を行っていきたいと思います。

 

No.9 『オルゴールの歯車』


イベント13


黒熊亭に置かれたオルゴールの歯車をコンプリートするイベントでした。

かなり初期から行われたイベントですが達成までは半年近く費やしています。

形式的には『収集系』のイベントになります。


イベント14


オルゴールの歯車はブラックソーン城の地下やアンダーワールドなど色々な場所で手に入れることが出来ます。収集系イベントの良い点は、「複数回にわたって、どこかへ向かう」という目的が生まれるところです。そのため、一つのイベントで何度も楽しむことが出来ます。


イベント15


ただ『収集系』イベントの弱点は、当初は良いのですが回数をこなしてくるにつれて、ダブリなどが起こり、欲しいものが出ずらくなるため、苦痛に繋がりやすいことです。特に最後の方は「地獄」です。


また各プレイヤーにも同じことが長くなればイベント自体に飽きが生じてしまいます。そのためイベントが途中から停滞しやすくなり、達成しづらくなる危険性があります。


イベント16


オルゴールの歯車は最終的にはアビスのスーテックのクエストが一番集めやすいのかなと思います。

制限時間内に、研究所内の指定されたアイテムをWクリックしていくようなクエストです。

GMは一時期、ひたすら集めていました。


イベント17


…ちなみに、余談ですがオルゴールの歯車は一つだけ過去のイベントで提供されたものがあり手に入らないものがありました。(誰かから購入するしかないようです。

そのためGMは恐らく最後の1個のために最低100回以上ぐらいはスーテッククエストをやっていました。


こんちくしょう!




収集は「コンプリート」を目指すかどうかで難易度が跳ね上がります。
他の収集関連でいえばレシピなどでしょうか。

場合によっては「5種集めたい」「3種集めたい」など数を制限することで収集系イベントの難易度が下がり、達成がしやすくなるかもしれません。

全体として飽きが来ない、達成しやすい難易度を考えていくのは重要かと思います。


スポンサーサイト



0 Comments