『黒熊亭 ~読書の秋~ 』

よう、知ってるか?

今、俺の店じゃ『黒熊亭 ~読書の秋~』っつー催し物をやってる。
簡単に言や、うちの店に来てる客や俺なんかをモデルにした小説を集めてるわけだ。

ルールは以下の通りだ。

読書の秋
〇オリジナル小説募集 (詳細は『黒熊亭 ~読書の秋~』参照)

①黒熊亭に来てるキャラクター(主として#RPG所属のキャラクターですが黒熊亭に顔を出したことのあるキャラクターは全員対象とします。)を登場人物にしたオリジナル小説を投稿して頂くイベントです。全ての登場人物が黒熊亭に顔を出したことのあるキャラクターである必要はありませんが必ず1名は出してください。
②小説は短編・連作・長編問わず。
③内容は自由。キャラクターの性格や喋り方については普段の言動やギルドWikiのキャラクターページから想像してください。適当可。
④各プレイヤーは仮にキャラクター崩壊が起こっても広い気持ちで受け入れて頂ければ幸いです。どうしても自己のキャラクター崩壊が不快に思われるプレイヤーがいた場合は残念ながらそちらの作品は著者と相談の上、お蔵入りにするかもしれません。
⑤投稿作品は黒熊亭のどこかに飾っていきます。締切は11月末まで。
⑥入賞商品は考え中。評価方法は投稿作品の数に応じて決めていきます。
⑦投稿作品は黒熊亭で直接渡していただくか、ポストに著者名を書いた状態で放り込んでください。

〇感想の投稿について

さて、著者の方々にとって最も嬉しいことは『読者からの感想』ではないかと思います。

そのため、何か一冊でもあなたの心を動かすものがありましたら
無料で執事が配布している本に①作品名 ②感想 を記載し隣のポストに投函してもらえれば大変幸いです。名前は記名・無記名は問いません。

傍らの修道ローブを着た執事Lunaに『book』と喋りかけて頂ければ本が配布されます。

またお手数ながら複数の感想を頂ける場合には作品ごとに本を分けて頂ければ大変ありがたいです。
感想本2

今は14冊ってところか。正直、予想以上に結構多くなりそうだ。
中には結構な長編もあって読み応えのあるやつもあると思うぜ?

…ただ正直な話、内輪ネタみてーな話も多いんで内容によっちゃ意味が分からねぇかもしれねぇのが申し訳ねーんだが。

ま、興味がありゃ店に寄ったついでに眺めてみてくれよ。







スポンサーサイト



2 Comments

Hibiki

地図

こんちゃ、ひなです。

黒熊亭の地図はー?
場所がわからない人はわからないと思いますよー。

Gren
グレンの中の人

No title

こんにちは。
詳細はWikiの方で。
ブログに長々と地図を書くのが嫌だったので。

…と思ったらリンクミスしてたので修正しました。