森の黒熊亭 #Role Playing Guild

archive: 2020年02月  1/2

『インサイダーゲーム』

『インサイダーゲーム』今日は店に何人か客が来てたんでな。『インサイダーゲーム』っつーのをやってみることにしたぜ。ルールは以下の通りだ。『インサイダーゲーム』は二つのステージから構成されるゲームです。各プレイヤーは「ゲームマスター」「庶民」「インサイダー(内通者)」の3つに配役されます。「ゲームマスター」「インサイダー」は1名ずつ。その他のプレイヤーは「庶民」となります。それらの配役は「本」に記載さ...

  •  0
  •  closed

『成長が見られないやつら』

『成長が見られないやつら』時々、頼りない初心者冒険者共がパーティを組んで出かけてるってのは時々話してるわけだが‥‥まったく成長が見られねぇ気がするんだがどうしたらいいんだろうな?相変わらず死屍累々だし。(参考記事「トレジャーハントに行かせてやったんだが…」)後、いつもの「あああ」な。(参考記事「あああ」)まぁ、いつかはこいつらもシャドウガードだの何だの行くようになりゃいいけどな。...

  •  0
  •  closed

『黒熊亭、監査入るってよ』

『黒熊亭、監査入るってよ』評議会に行ったら、Yewのベル首長が不穏なことを報告してたんだが…以下がそのやり取りだ…まぁ、見てくれ…この前、俺がいねー間に常連客共が酒の飲み比べをしてたか何だかで騒ぎまくってたらしい。帰ってきたら店の中でバーキーパーのレナータが苦笑いしながら掃除をしてたぜ…で、そのことで監査が入るっつー話なわけだ…いや、他にもっと怪しい店ねーのかよ?!ま、まさか潰されねーだろうな…頼むぜ、ほ...

  •  0
  •  closed

『熊…、まぁ、そうなんだが…』

『熊…、まぁ、そうなんだが…』この前の話だが、何でもバレンタインのギフトだか何だか知らねぇが、ブリティンで『熊の置物』が手に入るって話を聞いたわけだ。この店の名前は『森の黒熊亭』…、おいおい、店にぴったりなもんじゃねーのか?こりゃ貰いに行くしかねーだろ!つーわけで、早速、貰いに来たわけだな。この天使の像みてーなのが渡してくれるらしいが。多分あれだよな。こう…、野性味あふれる熊の木彫りみてーなやつだろ?...

  •  0
  •  closed

『ロールプレイキャラクターの外見説明』

『ロールプレイキャラクターの外見説明』以前にキャラクターの視覚の記事を書いたことがありますが、キャラクターの外見というのはUO内ではすぐには伝わりにくい内容になります。UOはクォータービュータイプのレトロなゲームです。また洋ゲー特有でペーパードールの顔はいわゆる『濃い』ものになっています。ただリアルな3Dのゲームと違って、想像力を働かせやすく、色々なキャラクターの姿をイメージすることも出来ます。しかし...

  •  0
  •  closed

ロールプレイ酒場『森の黒熊亭』

『森の黒熊亭』はウルティマオンライン飛鳥サーバー、Yewの森でひっそりと佇むロールプレイ(RP)酒場です。元冒険者の店主が近くを訪れる旅人や冒険者たちのために営業しています。2017年12月に開業し、物好きな客たちが時折、店を訪れては賑やかに騒いでいます。中には簡単な仕事から厄介な難事まで持ち込むものたちがいて、冒険者たちを西へ東へ振り回しているそうな…そんな黒熊亭はYew(Trammel)のムーンゲートを出て、少し北...

  •  0
  •  closed

『ギルド内でのプレイヤーイベントの感想と考察⑨』

『ギルド内でのプレイヤーイベントの感想と考察⑨』*当ギルドでは各プレイヤーによるイベントの立案、実行を推奨していることは以前に別の記事で記載しました。こちらではこれまで行ったイベントを振り返って感想と考察を行っていきたいと思います。 No.13 『至急、足りないものを集めてください!!』mintさんからの提供イベントでした。約4日間の間で開催されたイベントで、期日までに妖精の翼を200個集めるという内容でした...

  •  0
  •  closed

『デーモンクエスト テストプレイ』

『デーモンクエスト テストプレイ』ニューマジンシアにある太陽寺のテーマパークのテストプレイがあるっつー話だから遊びに行ってきたぜ。ちなみに一番乗りだ。詳細はちょいと省くが、俺たち参加者はまずは王の間に行って、水晶玉やサイコロを操作して自分の操るモンスターの種類やスキルを決めるわけだ。その後は手に入れたスキルなんかを使って、城の地下でモンスターと戦うわけだな。倒したモンスターに応じて賞金なんかが貰え...

  •  0
  •  closed

『キャラクターの五感 ”味覚” ”嗅覚”』

『キャラクターの五感 ”味覚” ”嗅覚”』ロールプレイの基礎として『プレイヤーの五感』と『キャラクターの五感』の違いを意識するところがあります。味覚と嗅覚に関しては他プレイヤーと感覚の共有が難しい五感になります。酒場でスフィーダが料理を褒めていますが味覚はどちらかというと『キャラ付け』の要素になるでしょうか。辛い物が好き、甘い物が好き、などです。設定によっては魅力的なキャラ付けが出来るかもしれません。...

  •  0
  •  closed

『ロールプレイキャラクターの名前について』

No image

*こちらのカテゴリーでは私の個人的な経験・知識によるロールプレイへの思いや考えを書いていこうかと思います。記載の仕方が押し付けのように感じるかもしれませんが、あくまで一つの意見として軽い気持ちでお受け取り頂ければ幸いです。『ロールプレイキャラクターの名前について』   ロールプレイキャラクターにはどのような名前を付けるのが相応しいでしょうか。正解があるわけではないですが、まずはそのキャラク...

  •  0
  •  closed